恋愛対象として相手に自分を意識させる方法

ここでは、あなたを恋愛対象の男性として女性に意識をさせる方法についてご紹介していきます。
女性が男性を意識し始める瞬間とは、どういったものでしょうか。

男性を意識し始める、というのは、その男性を知り合いや友達ではなく、「性の対象」として意識するかどうかという点になります。

男性を意識し始める瞬間について挙げていきます。

メールや会話などのやりとりが前より増えたと気づいたとき

この場合、
「メールのやりとりが増えると、相手のことを考える時間が増える。」
「私のこと、好きなのかな?」
と感じる女性が多く、メールや会話が増えたことがきっかけで、男性の事を意識し始める傾向があります。


男性が自分に好意を持っていると知ったとき

この場合、
「向こうが好意を持っていると思うと、こっちも意識する。」
「特別に扱ってくれるし、大切にされてるのかも。」
「今付き合ってる人いるし…でも嬉しい♪」
と感じる女性が多く、好意に気づいたことがきっかけで、男性として意識し始めるケースが多く見られます。


一人の女性として扱ってくれていると感じたとき

この場合、
「道を歩いているときに、歩道の内側にリードされて、キュンとした。」
「友達として仲がいいということは、人間として好きだということ。

そこに女性、男性を感じさせる何かが芽生えたら、恋愛対象になりえる。」

こうした経験や感情を持つ女性が多く、一人の女性として接することがきっかけで恋愛に発展することもあります。



■苦しいとき、悲しいときに優しくされたとき

この場合、
「弱っているときに、優しさを見せられると好きになりそうになる。」
「男性の包容力を感じる。」

このように考える女性が多く、女性が弱っているときに、優しく接する事で、女性に貴方を男性として意識させる事が出来ます。

特に既存の男性がいる女性の場合は相手の男性に対して悩みを抱えている場合もあり、この状態から優しく接してあげることで
意識をさせる事が可能になります。


■二人で力を合わせて作業をしたとき

二人で何か一緒に作業をする事で、
「頼りになるな」
と感じる場合もあります。

連帯感や共感が生まれるためです。


■普段強がっている男性に弱いところを見せられたとき

この場合、
「私だけに見せてくれたのかな・・・って思ったらキュンとして。」
「いつも元気一杯だったから、気になってしまって・・・。」
のように、強がりな男友達の弱ったところを見てキュンとする傾向も多く見られます。


■細身なのに筋肉があるなどのギャップを感じたとき

細身や太っているなど、筋肉がないイメージをもたれている状態から筋肉を見せることで、
「意外と筋肉があって、びっくりした。」
「男らしい」
と、ギャップにより強く感じさせることが出来ます。

女性は鍛えられた体や、男性らしい力強さを目の当たりにする事で、男性として意識する傾向も多く見られます。


■急に手を繋がれたとき

この場合、
「急に、グイッて手を引っ張られてドキドキした。」
「手を繋いだ瞬間、恋人っぽい雰囲気になる。」
のように、手を繋いだことがきっかけで、男性として意識する事が多く見られます。
混み合った場所で、二人が離れてしまわないために手を握るなどのようなシチュエーションがいいでしょう。



このページの先頭へ