他の男に略奪された女性の心理を分析してみる

略奪される女性には、どのような心理が働いているのか、ここでご紹介していきます。

略奪愛される女性には、ある心理が存在します。

その心理とはどのようなものになるのでしょうか。

まず、略奪愛をされる女性には、少しでも相手に対して好きではない部分があり、不満を抱いている、このような心理があります。

これは、ほとんどの女性が抱えている心理であり、略奪に有効な心理になります。

つまり、この「少しの不満」に付け込み、相手の欲求に対してアプローチをしていくことで、女性の気持ちを男性から奪うことが出来るようになるのです。

この心理を持っていない女性はあまりいませんが、他の男性との本当に最初の付き合いたての状態など、まだ不満が感じられない場合にはこの心理は存在しません。

さらに、女性には自分と一生付き合っていく相手を「選別する」という深層心理が存在します。
表面上は
「一途な女でいたい」
「軽い女に見られたくない」
という意識を持っている女性が多いのですが、「女性」という生物には本来、より強い子孫を残すため、「相手を選別する」という習性があるのです。
つまり、自分では「一途な女でいたい」という気持ちなのにもかかわらず、本能の部分では相手を見定めるために多くの男性を受け入れる素質を持ってしまっているのです。

ここでジレンマが起き、複数の男性を好きになった際に気持ちが大きく揺れ動いてしまうのです。

この気持ちの揺れが、違う男性に気持ちが向く原因にもなるのです。


ポイント
女性が他の男性に対して感じる不満
本能と意思の違い




このページの先頭へ