好きな人が複数いる時の恋愛感情の強さについて

ここでは、恋愛感情の強さと、その恋愛感情が対象に対してどのように作用するのかという点についてご紹介していきます。

恋愛感情の強さとその恋愛感情が対象にはどのように作用するのでしょうか。

恋愛感情とは、必ずしも一つだけとは限りません。

複数の恋愛感情を持つことも可能なのです。

しかし、複数持った場合、この恋愛感情の強さは一定ではありません。

複数持った場合、必ずその強さの強弱が存在するのです。

なぜなら、恋愛感情とは愛情のように、様々なものに感じるものではなく、「異性」に対してのみ感じるもののため、恋愛対象の「ジャンル」が一つしかない為です。

愛情であれば、物であったり、様々なジャンルに対して感じることが出来ますが、恋愛感情はほとんどの場合が異性に向けられるため、その強さが変わってくるのです。

例えば、一人好きな人がいる状態で、もう一人を好きになった場合、その強さは一定ではなくなるのです。

この法則を利用することで、略奪愛が成立するのです。

ポイント
恋愛感情は複数抱くことが出来るが、その強さは一定にはならず、どちらかに傾く。





このページの先頭へ