用事のないときにでも女の子にメールを送りたい!どのようなメールがいいの?

まずは、女性と仲良くなっていく上でたわいもない話は必要になってきます。その中で、メールというツールはかなり便利です。どこかに誘うとか、何かを教えてあげたいのであればメールを送りやすいのですがただ、用事もないのにメールを送るとなると内容が困ってしまいます。そういった時に使える便利で、尚且つ女性の反応も良いメールをいく紹介させていただきます。

まず、もっとも簡単なメールとしてはお祝いのメールです。女性が例えば誕生日だとします。
「●●ちゃん誕生日おめでとう、今度お祝いもかねてご飯でもごちそうするよ。」

内容こそシンプルですが、次回にご飯に誘う事も出来るわけですしお祝いのメールは相手もうれしいわけですから返信率もかなり高いです。

これは、別に誕生日のみではなく仕事の昇進や、習い事等、相手が頑張っている事で何か良い事があった時に使える、簡単な誘いも兼ねたメールになります。

ただ、気をつけないといけない事なのですが誕生日等お祝いメールであっても、送る時間帯には注意してください。特に誕生日となれば、最初に送りたい、という気持ちもあり 12 時ジャストに送ろうとしてしまいがちになります。

ですが、これはもしかすれば相手の女性にとっては迷惑な時間帯かも知れません。その為、極力相手の女性にとって迷惑にならない時間帯にメールを送るようにはしましょう。基本的に、返信率が良いのは仕事が終わった後の通勤時間や、家に帰って来てご飯も食べ終わりお風呂もでてきて一息ついている時間帯になります。

その為、帰宅時間にもよりけりですが仕事がだいたい6時くらいに終わる女性であれば、夜の9時~10時くらいが返信率としては返ってきやすい時間帯になるでしょう。

女性の返信率が良い時間
仕事が終わった後の通勤時間(相手の女性の職業によってバラバラ)
家に帰って来てご飯も食べ終わりお風呂もでてきて一息ついている時間

次に返信も返ってきやすく送りやすいメールとしては画像をつけたメールです。


具体的にどういったメールかと言いますと、例えば夏の暑い日にメールを送りたいとします。でも全く用事もありません。そんな時に暑さを冷ますような画像をつけて、メールを送るのです。

添付画像にはアイスの画像をつけて、メールの本文には
「今日はすごく暑いね。こんな日はこれでも食べてクールダウンしないとやってけないよね。」

これもただ、画像もなく
「暑いよね」
とだけメールが来てもなかなか返信はないのですが、画像をつけて送るだけで相手は
「何だろう?」
と気になって画像も確認をする事になります。

理想としてはその画像もただのアイスの画像ではなく少し変わったアイス等だと、よりそこからの会話も広げやすくなります。

例えば、ちょっと有名なお店のアイスとかです。別に自分が食べている画像でなくとも問題ありません。要はその画像によって、暑い日であれば涼しい事が連想出来れば良いのです。

その中で相手の女性が
「アイスを食べたいな」
と思えば、返信率も上がります。

その為、あなたの顔が一緒に写っている写真等は送らなくて良いです。また、画像を送る際に少し注意点なのですが、食べ物の画像を送ったのであれば、当分の間は食べ物のネタは控えた方が良いでしょう。というのも、いくら食べ物の種類が変わっていたとしても同じ「食べ物」というキーワードばかり使っていては、すぐに飽きられてしまうからです。

*飽きさせないのがポイント
他に使える画像のネタとしては、私が最近使ったネタなのですが動物好きの女性に猫の画像を送りました。ただ、猫の画像ではないです。耳が4つあるという、ちょっと変わった猫の画像です。


その時のメールの内容は
「こんな猫がいるらしいよ」
と、簡単なメールと画像をつけて送りました。その猫の画像もたまたま mixi をしている時に見つけて、おいておいた画像です。

ポイントとしては、相手の女性の返信次第によってこちらの返信メールの内容をどのようにでも出来るような内容のメールを送りましょう。

もし相手の女性が
「耳が4つなんてひどい、何かされたのかなぁ?」
といった内容であれば、同じように
「ひどいよね。工業汚染が問題かも知れないらしいよ。」
と同意してあげる事が出来ます。

逆に
「可愛いね。」
とメールが来れば、
「可愛いでしょ。他にもいるみたいだよ。」
と、同意してあげれば良いだけです。また、こういった変わった動物の画像もネットで検索をすれば、簡単に出てきます。

「おもしろ 画像 犬」
「おもしろ 画像 猫」
というようなキーワードで検索してみてください。

ちなみに私は、まず耳が4つある猫の話題を出してから、次に羽のある猫の話題をだしたりしていますよ。こういった話題はよくも悪くも、比較的食いつきの良い話題になります。


このページの先頭へ