まだ距離感があるときにするべき会話例(血液型、占い、趣味、休日の過ごし方など)

最初のうちは極力こちらから質問を投げかけてあげて、その話題を広げていくようにしましょう。聞き上手が大事だからといって、何も会話をしないのではなく、あなたからどんどん会話をしていくようにしましょう。

よほどの好意があったり、話好きな女性でない限りは初対面で女性から話題をバンバン振ってくるような事はほとんどありません。だからまずは男性から話題を提供するという事を意識してください。そのために無難な質問などからスタートしましょう。

血液型の話や占いの話でもいいでしょうし、趣味の話などでもいいでしょう。恋愛話やエロ話は最初はせずに無難な話題で会話をしてください。
*ただし、恋愛話などは男女関係になるために必要な話題だから後で必要になります。

最初にする話題
血液型、占い、趣味、休日の過ごし方、家での過ごし方、学生時代の部活、最近の出来事、兄弟、仕事、映画、音楽、テレビ、ファッション、女性の今日の服装や持ち物・・・ただし、1つ1つの話題を広げる事が出来なければ、どうしても質問攻めになってしまうので気をつけてください。

会話例が一つだけだとイメージしにくいかと思いますので、もう一つ会話例を掲載しておきます。

占いの会話実例
男性「今日は目ざましテレビで一位だったんだよね。」
女性「何が?」
男性「星座占いだよ。やっぱ一位だとテンション上がるよね。」
女性「あ、私も一位だったよ。」
男性「そうなんだ!じゃあ双子座なの?」
女性「そうだよ。」
男性「じゃあもうすぐ誕生日じゃん。おめでとう。」
女性「ありがとう。」
男性「俺の分は?(笑)」
女性「あ、おめでとう。(笑)」
男性「おめでとうだけかよ。(笑)」

占いの話題は盛り上がる話題の1つですから、女性と会話する時に使ってみてください。

ポイント
女性はギャップに弱い生き物
ギャップは良い部分よりも悪い所の方が目につく
ギャップを利用する
最初は無難な会話からスタートし、盛り上がってきたら恋愛話に以降する




このページの先頭へ