香水の上手な使い方

オフィスや学校での香水
香りの下から上へ広がってゆく特性をいかして、膝からの裏に香りづけしておくという方法があります。こうすると、立ち上がったたり椅子に座ったり、あなたが何かアクションを起こした時にふわりと全身が香りのヴェールに包まれ、上品に香らせられます。

好感をもたれる香らせ方
誰かとすれ違う瞬間、わずかな風が起こったとき、残り香としてふわり・・・と香るくらいが、最も華麗で美しい印象を人に与えます。その香りが誰にでもわかるようなものだと、とたんに安っぽい印象になりがちです。

欧米では、つけている香水の銘柄がわかりにくいほどセンスがよい上級者とみなされます。自分だけの香りを見つけるか、重ねづけするなどしてみてはどうですか?

ゴージャスなニュアンスの香らせ方
ゴージャスなニュアンスに香らせるには、愛用の香水ノートと同系のバスソープを使うと、香りが幾重にも層になったような特殊な印象が得られます。





このページの先頭へ