女の子と上手に会話を続けるコツ

会話に詰まったときはテクニック「切り返し」を使う
会話が止まる時、あなたはどうやって会話を続けようと思いますか?女の子と話をしていて、話が続きそうにない・・・しかしどうしても、この人と話がしたい時ってありませんか?

そんな時、あなたならどうしますか?
・会話のネタをさがす
・笑って間をつなぐ
 
この2つが定番ではないでしょうか?しかし、何度も笑って間をつなぐ事はできませんよね?会話のネタも、出て欲しい時に出て来ない事もありますしね。そんな時、これをどのように回避すれば良いでしょうか?

実は、案外簡単に回避する事が出来ます。これを知っておけば、結構楽に話を繋ぐ事が出来ますよ。その方法は、会話の切れ目ではなく、会話の真っ最中にあります。

それはあなたが振った話題でも、必ず、質問する側に変わるという事です。例えば、あなたが「この前の休みに、映画いったんだけど・・・」と会話を始めたとしても、絶対に、質問するスタンスに自分を持っていくんです。

先ほどの、会話なら、「この前の休みに、デスノート見たんだけど」と話はじめたとします。その後、相手の女性は、聞き手として話を聞いてくれてはいますが・・・必ず、どこかで、あいづちではなくて、感想を述べたり、同意をしてくれる瞬間があると思います。
「私もデスノみたいな♪」
「それ、わかる。私もこの前、そこに行ってきたもん」
とか言った時に、「あ、分かる?それで映画館でさぁ・・・」と続けるのではなく、「あ、わかる?○○さんも行った事がある?」と、質問をしましょう。よく、自分の話のネタを一通りしおわった後に、妙な間があいたり、次の話題に行こうとしても、何か不自然だったりする事がある時は、このタイミングを逃しているんです。

特に、自慢のネタを披露している最中は、このネタをやり切れば、絶対に笑いがとれる!なんて思いながら話をしているのですが、やはり限界はあります。相手が、そのネタを面白いと思ってくれているとも限りませんしね。なので、話の途中で在れ、なんであれ、相手が感想を述べたり、同意をしてくれたら、そこで、質問する側に回って、相手に話をさせてあげましょう。

それこそが「聞き上手」のノウハウです。すると、相手は自分自身の事を色々と話をしてくれます。たった、これだけで、話を長く続ける事が出来ます。自分が話をしている最中は、どうしても自分の話のネタで夢中になってしまい、それ以上の事が耳に入らなくなってしまいがちですが、大切なのは、話の最中に隠れている、切り返しのポイントを見つける事です。

自分の話を聞いてくれる、自分に関心を持ってくれる相手に、好意的になるのは、女性に限らず、男性も同じではないですか?

話を続けるために相手の話を聞こうとする姿勢が、実は、好印象を与えるポイントであったりもする、1石2鳥のポイントなんです。是非、話の切り替えしのポイントを探しながら、会話をして見て下さい。慣れれば、どんな人にでも出来るコツですから。





このページの先頭へ