食べ物の話題はデートに誘うきっかけになる

食べ物の話題は次にアポを取る為の前ふりにも使えますし相手の好みがわかればその好みの話題を出せていけるくらいのお店の情報は持っていた方が良いでしょう。

後は、ちょっとしたコツなのですが女性を食事に誘う際に高級なお店に行く必要は余りありません。かといって大衆の居酒屋にデートで連れていっても余り良い印象を得る事はできません。

それではどうすれば良いのか?となるわけですが、少しだけ他とは違うお店に連れて行ってあげてください。どういう事かと言うと例えば、ちょっと変わった串カツのある串カツ屋であったり新鮮な海鮮料理が安くで食べられる穴場の居酒屋、といった感じです。

こういったお店は出来るならば一度は下見をしておいた方が良いでしょう。高級なお店を知っていなくてもこういったお店を知っているだけで女性の評価はかなり上がりやすいです。インターネットで調べたいジャンルのお店を検索すれば十分出てきますので一度調べてみて足を運んでおいても良いでしょう。

例えば、海鮮が食べたいのであれば、「海鮮」「地域名」を入れれば簡単に出てきます。また口コミ情報等も検索をした際に一緒にでていますので参考にしてみると良いです。

対面席のテーブル席の場所よりもカウンターテーブルやカップルシートなどのあるお店に行くのがいいでしょう。さらに半個室や個室のお店などであれば良いでしょう。

食事に誘う場所のポイント
高級なお店に行く必要はない
大衆居酒屋はなるべく避ける
対面席のテーブル席の場所よりもカウンターテーブルやカップルシートなどのあるお店に行く半個室や個室のお店などであれば良い

グルメを使った会話例です。
グルメの話題の会話実例
男性「●●さんこの前うどんがすごく好きって言っていたよね。」
女「うん。大好きだよ。」
男性「最近友達に連れて行ってもらったんだけどかすうどんって知っている?」
女「知らない。何それ?」
男性「牛のホルモンを油で揚げたものが入っているんだけど、ヘルシーだし女性にもお勧めのうどんらしいよ。」
女「へー、そんなのあるんだ。」
男性「結構近くだし、今度行ってみない?」
女「行きたい。」
男性「じゃあ今度行く時にでも誘うよ。」
女「うん。」

相手の女性の好みがわかっていれば、誘う事も比較的簡単に出来てしまいます。また、別のグルメを使った会話例です。

グルメの話題の会話実例2
男性「最近ミシェランで格安店の紹介が出たの知ってる?」
女性「そうなんだ。」
男性「そのお店が結構近いんだよね。」
女性「へー、ミシェランって星いくつとかのやつだよね?」
男性「そうだよ。」
女性「なんか高そうなイメージあるけどな。」
男性「基本は高いんだけど、今回は安くで美味しいお店も掲載されているんだって。」
女性「そうなんだ。」
男性「和食とかって好き?」
女性「どっちかっていうと好きかも。」
男性「じゃあ今度ランチで行ってみようよ。」
男性「夜だったらきっと高過ぎるから。(笑)」
女性「いいよー。」
あえてこちらから夜はやめておこうという事により警戒されにくくします。


このページの先頭へ