合コンでのスマートな電話番号の交換の仕方

どんな出会い方であれ、インターネットや紹介以外であればまずは出会って少しでも話をしてから連絡先を交換して、メールなり、電話なり連絡を取り合うようになっていきます。ただ、連絡先の交換をするタイミングって結構わからない・・・といった事はないでしょうか。

恋愛までスムーズに持っていく上でもできるかぎりスムーズに連絡先を聞きたいものです。では、どういった流れで連絡先を聞くのがスムーズに感じるのでしょうか?

出会い方によってタイミングもかなり変わってきますので、いくつか紹介させていただきます。

合コンの出会い
まず、出会いの一つとして合コンの場合です。

合コンでやらない方がいい番号交換の仕方
幹事同時が合コン終了後に全員の番号を教えあう

幹事同時が合コン終了後に全員の番号を教えあうと全員があなたの狙った女性のメールアドレスを知ってしまう事になります。そのため、ライバルが増えてしまいます。だからできるだけ個別にメールアドレス交換した方がいいのです。そして、できればみんなの前で交換しない事が大事です。

みんなの前で連絡先を教えてといった行為は余り受け入れられない場合があります。確かにみんなの前では連絡先の交換を言えば、交換はしてもらえるでしょうが、タイミングとしては余り良くない為に、女性からの評価が下がってしまい、返信が来なくなってしまう可能性があるのです。

では、どのようにすれば良いのでしょうか。グループで楽しんでいるような場所では、極力スムーズに連絡先の交換を出来るようにした方が良いです。もっとも簡単な方法としては、あなたの名刺に携帯のメールアドレスレスも書き加えておいてください。と いうのも合コンのような場所では、こちらから必要以上に相手の連絡先を聞こうとするよりも、合コンの中では盛り上げ役に徹して、狙った女性のみに「連絡して。」と連絡先を渡すようにしましょう。

渡すタイミングとしては、極力周りの目が気にならないタイミングで渡すようにしましょう。例えば、好みの女性の横に座ったタイミングや、トイレ等、少し席からお互い離れているタイミングです。あなたの狙っている女性がトイレに行ったら、あなたもトイレに行き、そのタイミングで名刺を渡します。トイレに行ってる時は女性は携帯を持っていない場合があるからです。

会話例を掲載しておきます。
合コンでの番号交換会話実例
トイレ前の場合
男性「●●ちゃん。」
女性「あ、祐三君。」
男性「みんな結構酔っぱらってきているよね。」
女性「そうだね。」
男性「女性陣がお酒強いから俺達負けっぱなしだよ。(笑)」
女性「確かにみんな結構飲んでいるよね。(笑)」
男性「●●ちゃんも結構飲んでいる気がするけど大丈夫?」
女性「んー、まだ大丈夫。」
男性「強いんだね。(笑)」
女性「お酒好きだから。」
男性「そうなんだ。先にその情報を知っていたら他にもお店あったのに・・」
女性「そうなの?」
男性「うん。もしよかったら今度一緒に行こうよ。名刺渡しとくからよかったら連絡頂戴。」
女性「わかったよ。」

次に名刺ではなく赤外線通信で交換するやり方を掲載しておきます。合コンで番号交換するのは会話が盛り上がったタイミングです。会話が盛り上がったタイミングといっても開始時間から早過ぎるよりも後半ぐらいの方がいいでしょう。

合コンでの番号交換会話実例2
男性「●●ちゃんの携帯のストラップワンピースじゃん。」
女性「そうだよ。」
男性「ルフィつけているけどやっぱルフィが好きなの?」
女性「んー、一番好きなのはチョッパーだよ。」
男性「本当に?俺もチョッパー好きでさ、ほら見て。」
携帯の画像を見せています。
女性「あ、可愛いじゃん。」
男性「でしょ。●●ちゃんは持っていたりしてないの?」
女性「あるよー。」
男性「見してよ。」
女性「いいよ。」
男性「あ、これいいじゃん。交換しようよ。」
女性「いいよー。」
男性「アドレス教えるから送って。」

流行りのもの等をチェックしておく事で会話も膨らみますしそこから繋ぐ事も可能になります。また、合コンでのポイントなのですが、狙った女性の連絡先を聞く上で必要になってくる事なのですが、合コンでは常に狙った女性とばかり話すのではなく、全体と話せるようにしましょう。

特にこれが相手の女性が、他の男性も狙っているような女性であればなおさらです。合コンだけではないのですが、どんな場所であっても、どんな相手であろうとまんべんなく話が出来る男性というのはもてる男性の「キーポイント」です。

どれだけ好みの女性がいたとしても、自分を見失う事なく、行動をとれる余裕のある男性になれるようにしましょう。がっついて、狙った女性とばかり会話すると余裕がないと思われてしまいますから余裕を持って、みんなと会話できるようにしましょう。ただし、合コンの最初から最後までみんなで会話するのではなく最後は狙っている女性と1対1の会話ができた方がいいでしょう。

最初はみんなで会話をする ⇒ 全員とある程度、会話する ⇒ みんなで会話した後で狙った女性と1対1で会話する

ただし、空気を読んでください。みんなでの会話が盛り上がってる状態の時に狙っている女性と1対1で会話をしようとするのではなく、自然に1対1の会話をするようにしてください。

例えば1次会はみんなで会話して、2次会で狙っている女性と1対1の会話をするだったり、席変えをした時に狙っている女性と1対1の会話をするなど空気が変わったタイミングなどは自然に1対1の会話がしやすくなります。



このページの先頭へ