女の子に面白い人だなと思わせるナンパの会話例

出会い方にもよってかわりますが女性との出会いから初セックスまでの会話の例を出しながら説明していきます。ここで掲載している会話例を理解して、出会いからセックスまでのイメージを掴んでほしいと思います。

約束を取るまでは出会い方で変わってきますが、今回はナンパでの出会いでいきます。私のナンパの場合、基本的にはその日に女性を誘う方向に持っていくよりも連絡先を聞く事に重視を置いています。その為、極力短い時間で相手に興味を持たれるような会話を少しして軽く誘ってみるという感じになります。

まずは出会いのナンパの部分です。
「ちょっとすいません、人を探しているんですけど・・
「この辺で、こんくらいの小さいおじさんみませんでした?」
「だからこれくらいの小さいおじさんなんですけど・・
「そんな人いるの?(笑)」

この声のかけ方のポイントとしては実際にあり得ないようなサイズのおじさんを架空で作ってしまいそれを真剣に聞いているという状況です。

そして、ナンパのポイントは印象を最初にどれだけつけるかが重要になります。
男性「さっきまで一緒にいてんけどなぁ・・・」
女性「絶対嘘やわ。(笑)」
男性「一緒に探してくれへん?」
女性「えー、やだ。」
男性「なんでなん?おじさん可哀想やん。」
女性「もう帰るし。」
男性「そっか。」

断られたのであれば
男性「じゃあ今度おじさん見つかったら連絡するから教えて。やっぱ心配やろ?(笑)」
女性「別に知らないし。(笑)」
男性「薄情やなぁ。おじさんそんなん言われてるん知ったら絶対泣くで。」
女性「(笑)」
男性「んならメールだけ教えといてや。嫌やったら無視してくれて構わんから。」
女性「うーん。」
男性「大丈夫やって。おじさんの安否しか連絡せんし。(笑)」
女性「わかった。」
男性「んな赤外線で送って。」
女性「わかった。」
男性「ありがとう。じゃあ、またメールするね」
あくまでも会話の流れをネタで作っていますがナンパというのはどうしてもあなたのキャラを全て伝える事は難しいです。難しいのであれば
「面白い人だな。」
と思わせて
「連絡先くらいならいっか。」
と思わせる事が大切です。

このページの先頭へ