恋愛が苦手な男性に送るモテ王の恋愛体験談

私自身も今でこそ女性に苦労する事もなく、今は本命の彼女とかれこれ3年以上のお付き合いをしております。その中でも過去にも色々な女性とお付き合いをさせていただいてきました。実際どのような場所で知り合い、そしてどういう流れでお付き合いにまで発展したのか?いくつかお話させていただきます。

これは恋愛が苦手な男性には大変参考になると思い、恥ずかしいですが、掲載する事にしました。
「彼女とは何処で出会ったんですか?」
「どうやって彼女を GET したんですか?」
と聞かれるからです。

社会人になりたての頃に出会い付き合った女性の話
まず初めに、お話させていただくのは私が社会人になりたての頃に出会い付き合った女性の話です。この女性とは、私のその頃の仕事仲間から紹介していただきました。
*出会いのきっかけは仕事仲間からの紹介

最初に会った印象としては彼女はアクティブな感じの元気な女性という感じでした。こういう女性は基本的には、同じように趣味を共有出来て尚且つアウトドアな遊びの方が反応も良いだろうと、最初に遊びに行く時にグループで遊びに行く事にしました。

彼女がテニスが出来る、という事でしたので近くのテニスコートを借りてデートに行きました。デートコースとしてはテニスに行ってその後は軽く食事に行って解散という形をとったのですが、彼女も自分が好きな事が出来てかなり満足のようでした。

その後も何度かグループで出かける際には彼女を誘ってあげるようにしました。私自身もどちらかと言えばアウトドアが好きな方なので、彼女も
「趣味が合う」
と、かなり好感触だったようです。

3か月ほどそういった遊びで仲を深めていき、告白のタイミングで、2人で遊園地に行きました。そもそも2人で遊園地に行ける段階でほぼ確実に付き合えるのですが、私自身、告白するのなら確実な状況でする、という事を決めていた為、かなりベタなのですがちょっとした心理術を使わせていただきました。

まずは遊園地デートで彼女のテンションを最も高い位置まで持って行きます。遊園地では、告白やそういった雰囲気は一切出さずに彼女を楽しませ、また私も楽しめるようにして行きます。遊園地でしっかりと遊んで帰宅のタイミングでテンションをぐっと落とすのです。
遊園地でテンションを上げる ⇒ 帰宅のタイミングでテンションを落とす ⇒ ムードが出来上がる
これは、女性が落ちやすくなる雰囲気を作る上で使えるテクニックなのですが、テンションが絶好調まで上がった状態から、落ち着いた状況に持っていく事によりムードが出来上がるのです。後はそのムードが出来上がった状態で告白をするだけでした。

私の思惑通り彼女と付き合う事も無事出来ました。私は恋愛で「付き合える」という確信がない限りは、ほぼ告白というものをしません。というのも、仲の良い関係を作ってしまいさえすれば、言葉で出さなくとも女性は「告白してほしい」という雰囲気を出してくるからです。また、あせり過ぎてしまうと全ての関係が駄目になってしまいます。

早く女性と付き合いたい、という気持ちがあったとしても、落ち着いてまずは相手の女性をしっかりと恋愛モードにしてから行動出来るようにしましょう。


このページの先頭へ