香水の使い方について基礎知識を学ぼう

香水をつける前にしておいた方がいいこと
香りのおしゃれ前はカラダを清潔に。本来ならば不快でしかない悪臭成分もアクセントとして混じっているとか。そんな不測の事態を避けるため、香りのおしゃれを楽しむ日は、朝、起き抜けにシャワーをサッと浴びて無香性のデオドラント剤を裸のままひとふり。香水を使うのはそれからです。

香水の魅力的なつけ方
香りには、人の記憶を呼び起こす神秘的な力が秘められているといわれます。たとえば好きな人に手紙を送るとき、便箋の隅に愛用の香水を一滴垂らしておく・・・相手は、その香りとともにあなたと過ごした楽しい時間を思い出し、愛も深まる、というわけです(借りてたレジュメを返す際などに応用しました)

その他、本のしおり、メッセージカードやリボンにつけるなど、あくまでさりげなく、ほんのりが基本です。香水は物足りないくらいが適量高い香水をつけると相手にも伝えようと多めにつける人がいますが、これはもちろん誤りです。(重要)

香りは自分が感じる以上に相手に伝わりますから、少し物足りないくらいが適量といえます。自分がつけていると感じるときは、周りの人には相当きついはずです。

人に会う直前の香水は禁物
香水はつけてから20~30分後に一番いい香りが漂い始めます。つけてすぐはアルコールのきつさが鼻について、周りの人を不快にさせてしまいます。人と会うときには、20~30分前につけるようにしましょう。






このページの先頭へ