香水を初めて買う人に4つのアドバイス

香水を初めて買うときは、お試し用のミニチュアサイズのコフレを買ってきて、自分の好みにマッチするか、そして周囲の評価などをチェックしてみてください。これで失敗はグンとへるはずです。

香水を選ぶときの注意点
香水を選ぶときの注意点です。あのシャネルは「香りのない女には未来はない・・・」と言ったとか。みんなと違う自分だけの香りを纒いなさい、という意味です。こと香りに限っては、流行ばかりを追いかけると主体性の無いヤボったい印象に陥ってしまいます。

1度に試すのは2種類の香水が限度香水を買いに行った時、一度に試すのは2種類までとしましょう。両手首につけて判断できるのは2種類。それ以上は嗅ぎ分けることは困難です。また、身体につけてみて、20~30分後の香りで香水を選ぶようにしましょう。

香りテイスティングのコツ
香水の香りテイスティングのコツは、手首につけて選ぶ際に、15~20分ほど待ってミドルノート以降の微妙な香りの変化で確認します。つけた直後の一瞬では臭覚が麻痺して、正確な判断ができなくなります。また、よく晴れた日の午前中がティスティングするのに一番いい時間帯だといわれています。

香水は午前中に選ぶのが秘訣
香水を選ぶのは、神経が一番さえている午前中が適しています。また、空腹な時は、香水のアルコール臭だけで気分が悪くなってしまうこともありますから、さけなくてはいけません。

逆に満腹では脳の働きが鈍ってしまいますから、こちらもさけましょう。適度にお腹を満たした午前中がいいでしょう。

香水を選ぶ日は決まっている
香水を選ぶには、排卵日と生理日は不向きです。(誘う場合注意)排卵日の女性は普通はわからない何万倍も嗅ぎわけてしまうので、香水のいい香りがわからなくなってしまいます。ですので、生理中は臭覚が鈍って嗅ぎ分けることが難しいのです。男性には制約はありません。






このページの先頭へ