初めて会話をするときは無難な話題を選ぶ(血液型を使った会話例)

初対面の女性とどういった話をしていけば良いのか?という部分についてお話していきます。最初は無難な会話からスタートします。

まず、ポイントとしては極力会話の内容としては余り当たり障りのない内容を意識するようにしてください。最初から余り飛ばし過ぎてしまうと女性は引いてしまいます。イキナリ家族構成を聞いていったり、恋愛の会話を最初からしていくのは控えるようにしましょう。

というのも、女性との距離が縮まっていない段階で家族構成を聞くと女性からすれば探られているような感覚に陥りやすいです。また、恋愛の話にしてもイキナリ聞いてしまえばこちらの好意が一方的になってしまう可能性もあるからです。だから最初は無難な会話をして、ある程度仲良くなってから恋愛話をしたりしてください。

では、具体的にどういった内容の話を最初にすれば良いのか?ですが、私のお勧めを紹介しておきます。まず、簡単で尚且つ女性が興味を持ちやすい会話として血液型の話は盛り上がりやすいです。
*まずは血液型などの話をします。

血液型占いは、かなり流行りましたし、知っている女性も多いです。その為初対面の女性であっても盛り上がりやすい話題になります。血液型を使った会話例を掲載しておきます。

血液型を使った会話実例
男性「●●ちゃんって A 型でしょう?」
女性「そうだよー。なんで?」
男性「話した感じが落ち着いているし何よりもしっかりしてそうな感じがして。」
女性「そんなことないよー。」
男性「本当に?実は今は表の顔で裏の顔があるとか?(笑)」
女性「いやいや・・(笑)」
男性「あんまり血液型占い信じてなかった?」
女性「そんな事ないよー。好きな方だよ。」
男性「そうなんだ。じゃあ俺何型に見える?」
女性「んー、AB 型とか?」
男性「俺変わっている?(笑)」
女性「わかんない。(笑)」
男性「そりゃそうだ。」
男性「じゃあ天才肌ぽかった?(笑)」
女性「うーん・・」
男性「悩むんかい!?」
女性「(笑)」
男性「なんか最初にいい事言って損したかも知れへんわ・・・」
女性「そんな事ないって。(笑)」




このページの先頭へ