5分でわかる!ナンパをしてみたい人ためのナンパマニュアルを作ってみた



まず始めに、ナンパをする上で重要な要素を挙げます。
1)場所
2)時間
3)自分自身
4)ターゲット

3)については、さらに細分化され a)ルックス
                 b)ファッション
                 c)テンション(精神状態)
などが主になります。

a)については、考える必要ありません。ナンパをしようと思っているからには、a)については、必要以上に考えることは時間の無駄でしょう。

場所選び
ソロナン徹底解説

まず場所ですが、達人の方々の場所選びは、駅が一番多いです。しかも都市部の場合ならローカルな駅(中規模程度)です。地方地域なら、主要駅が良いでしょう。では、駅のどこで声をかけるのか?

駅の周辺に公園がある場合は、公園内のベンチなどで待機、見渡しの良い所から、駅から出てくる女性が基本でしょう。次に、バス停です。バス停のベンチは、待機場所として最良です。ここに座っていても不自然ではありません。

そして、コンビニやスーパーなども挙げれます。これらの特徴は、中に入る直前で声をかけてもOKですし。ガラス越しに中を見渡せるので、出てくる女性を狙うのは、タイミングが計りやすいと言えます。

又、ゲームセンターやアミューズメント施設などでは、10代・20代前半をターゲットに絞ると有効な場所です。

又、スーパーなどもOKです。パーキングのあるスーパーが良いでしょう。又、本屋なども良いでしょうし、ファミレスに入って客として入店する女性を狙うのもありでしょうね。大手電気屋店内もOKです。

そして、達人の方々は、路地でも声をかけます。その他、面接ナンパというものがあります。バイトなどに働く気はないけれど、応募して、面接で一緒になった女の子を口説く方法です。

この時、落ちるようなバイトに行きましょう。しかも、「どうせ落ちるし、前に受けた所が受かりそうなんで」と一緒に面接会場にきた女の子にアピールします。ここのバイトには、来ないだろうということをアピールします。

そして、隙を見て、ナンパしましょう。この種のナンパに向いた、バイトは、テレマーケティングスタッフ、派遣バイト、飲食系等その他、合同で面接するものが必須になります。

また、自転車ナンパというものもあります。自転車で街を徘徊し、女性をたくさん見て周ることで、歩いてナンパするよりたくさんのターゲットに遭遇することができます。

この時、自転車に乗ったまま声をかけると成功率が落ちますので、降りて声をかけます。女性に自転車に乗ってる姿を見られてから、降りて声をかけるというのが、嫌な場合は、後姿の女性(進行方向にいる進行方向に歩いてる女性をターゲットにします)そすれば、直前で自転車を降りて、声をかけることができます。ただし、後姿だけで判断で声をかけますので、リスクはあります。

そして、ターゲットを待つ間は、できるだけ見られないようにしましょう。つまり、女性に声をかけた時に、{あ、さっきあそこに座ってた男だな}と認識されることは、ナンパにとって不利だと傾向がでています。

ただし、姿が隠せて物色できるポジション取りは、難しいと思います。ですから、車などを使って、駅周辺で待ち伏せし、車の中で待機をして、女性がいたら、降りて声をかけに行く。そして又、車に戻る。この反復でもいいでしょう。

時間帯
時間帯は、いつ頃がベストタイムか?都市部などの駅では、ズバリ、17:00~21:00です。達人のGET数についても、この時間帯が突出してGET(連れ出し),連絡先の聞き出しに成功しています。

しかし、ここでワンポイント。朝の10:00~この時間帯は、通勤が一段落し、街が静かな光景になる一時です。この時間からバイト等に出勤する人や朝帰り組を狙うと話に応じてくれる率は高いです。快晴であれば、すがすがしい気分でナンパできるでしょうね。

昼間の方が、話を聞いてくれる確立は高いと言われてます。連絡先の聞き出しも、昼間の方が確立が良いと達人の間でも言われています。

しかし、連れ出しの確立は、17:00~22:00が圧倒的に多いです。この解釈には、様々な見方があります。(例:16:00~20:00や18:00~23:00又は、終電まで)

夏は、17:00~22:00 冬は、16:00~21:00が相場ではないでしょうか。例えば、暗めの路地を23:00に歩いてる女性がいたとしてます。夏はOKですが、冬は、徒労に終わるでしょう。これは、確立・統計の問題ですね。

ファッションについて。
これには、個人差がありますが、基本的に、カジュアル系で問題ありません。私が知り合った達人の方は、カジュアル系の服装が圧倒的に多かったです。これは、幅広いターゲット層に対応するためです。髪型についても、本人の似合うものということで達人の見解も一致しています。

精神面(テンション)を盛り上げることは、非常に重要ですね。普通の人間であれば、ソロでやりつづける(特に一人で出撃)のは、本当に根気のいる活動だと言えます。一番良い方法は、仲間を作ることなのです。しかも、たくさんの仲間を。いつも一緒にやらなくても全然構いません。調子の出ないときに、テンションを引き上げるための同志です。
*原始的で当然の手法だと思うかもしれませんが非常に重要なことです。

これは、ソロで安定して力を発揮するための同志集めです。そして、あまり考えすぎてナンパに望むのは、よくないでしょう。ナンパとは、本来、軽いものです。世間では、そう思われています。ですから、地蔵になって、声がかけれないことは、ナンパの正反対なんです。

ナンパをしに出かけてるのに、カチンコチンに固まってしまっている。ぜんぜん声がかけれなかった。本末転倒ですよね。
・ナンパは、軽いもの。
・断られて当たり前。
・数打ちましょうが基本。
・断られたらご縁がなかっただけです。

そして、ソロでは、達人の間では、決め事が良いとされています。例えば、5分・10分と声をかけない状況が続けば、自分にムチを打つ意味で誰でもいいから声かける。規則をつくるわけです。ルールがないと、長期安定は何事も難しいでしょう。

声がかけれない時は、その場で叫んでみるのも気合をいれる上で有効です。

声かけテク
達人の声かけテクニックには、傾向があります。まず、女性の視界への入り方は、後ろからが一番効果的だということです。しかし、女性の前や横の視界に自分がいる時は、ざわざわ後ろへ回る必要はありません。

注意!!!女性が歩いてくる真正面に出て進路を妨げて声をかけるのは、厳禁です。進路は、あけておくのがマナーです。横に張り付いて、並行しましょう。

紳士的声かけ技法です。「すいません~。」ここで女性が自分の存在に気づきます。この次にかける言葉が重要です。「ナンパなんですけどね?笑。」ここで女性に笑いが出ればOK。

しかし、このセリフは、20代前半までが対象でしょう。OLさんや、特に20代半ばになると、このセリフは、笑ってくれて終わりという結末が多いでしょう。また、このセリフは、22:00以降も反応が悪くなる傾向のあるセリフです。

しかし、10代には、有効なセリフという達人の統計が出ています。
「すいません~」→「どこに行くのですか?」→「よかったらどこか行きませんか?」
「すいません~」→「あんまり素敵な女性なので声かけちゃったよ!」
「すいません~」→「どちらに行くのですか?」女性「○○です」自分「僕もそっち方面なんですよー。一緒にいって良いですか?」

上記が達人の初めの一声、ベスト3です。

笑いを取るような冗談などもすかさず入れると良いでしょう。
(例)自分「どこいくんですか?ナンパの者ですけど?」
   女性「えと、彼氏いるんでゴメンナサイ」
   自分「マジすか!彼氏のこと好きなの?」
   女性「はい。」
   自分「俺よりも?」
   女性「笑」

このように、歩きながら断られるような状況でも、笑いを取ることで、歩くペースを遅くさせたり、立ち止まらす工夫を入れましょう。そして、大きな声で声をかけます。大きな声というのは、元気な声です。

この基本を、毎回守る事が大事です。番号メルアルすらGETできない時間が続いてもこれを忘れず動く事は、たいへん難しいことです。

声をかけて、話を広げることが、次の課題になります。話し掛けて1,2分は、選択肢の中から答えれる質問にする方がよいとされています。
(例) yes noで答えれる質問

逆に、相手に自由に回答してもらうような質問は、ナンパの声かけの始めの方にもってくることは厳禁です。よく知らない人間にペラペラと話し始める女性は少数です。

だましのテクニック
やはり街で声をかけても、知らない人が声をかけて誘われる=ナンパというのは先入観で、ナンパ=知らない人=危険=怖い  と頭に焼き付いてる女性はいます。

しかし、そういうタイプもしくは、そういうタイプに類似する女性は、ナンパが無理なのかと言いますと、そうでもありません。このような場合でも確立をUPさせることができます。

ターゲット層:警戒心の強い女性、20代半ば以降
名刺を使います。声をかけるときに、「すいません~。さっき見かけて素敵だなと思ったので、声かけたんですが・・」

この間たわいもない話をします。そして、連絡先聞き出しを断られます。(断られなかったらラッキー!)ここで、名刺の登場です。名刺を渡して、「僕は、こういうものなんですよ」「本当にあなたともう一度話しがしたいんです。連絡下さい。お願いします!」
↑上記のセリフは、同じでなくても結構ですが、もう一度会いたいことを笑わずに強調して言ってください。

本当にあなたにもう一度会いたいということをですね。これは、真剣であることを訴えて、ナンパ=軽いというイメージを払拭しているのです。そして追い討ちをかけるように、女性と別れた後も、女性の手には、名刺が残ってるんです。この物的証拠であなたがこういう者だということを印象づけています。身元の情報がわかるということは、女性には、かなりの安心感があります。

ブーメラン作戦ですね。しかし、ただの紙切れに携帯アドを渡すのとは、印象・効果が違ってきます。さて、名刺についてですが、あなたの本当の名刺を渡して、会社にイタズラ電話などがきたら、あなたは困りますね。

ですから、本当の情報は、携帯電話番号くらいで良いと思います。後は、適当に仮名にしとけばよいでしょう。私は、実在する人物と会社の名刺に携帯番号とメルアドだけ自分のものにした名刺を作成していました。(電話を会社にかけられても実在するので、問題なし。)

しかも!あなたに興味がある女性なら、あなたの携帯番号かメルアドに返事をくれるはずです。

名刺の作り方:私も定期的に作っていましたが、初回(台紙代と名刺枚数代)例えば、100枚作れば、1500円~2000円程度です。次回からは、枚数分だけの金額で、100枚なら800円程度です。(お店によって金額に差はあります)小道具としては、安いものでしょう。

是非、名刺配り式ナンパで女性の心理を動かしてみて下さい。通常のナンパよりターゲット層によっては、効果大です。ターゲット層は、この項目の上記参照。


シチュエーションテクニック
声をかけるときの、状況ですね。女性が、声をかけられた時に、安心して、話に応じやすい状況を作り出しましょう。確かに、物色は駅など人が多いところでやることが基本になります。

しかし、大都市部の駅や、商店街などで人の通行量が極端に多いところでないかぎり、たいていは、流れがありますね。周りに人がたくさんいるところで、声をかけられたらどう思いますか?通常人間の心理であれば、「無視してしまおう」「何を言われようが、断ろう」

こうなるのが、人間の心理です。では、どうするのか?

後をつけることになります。ターゲットの周辺の人が少なくなるのを歩きながら、待ちます。できるだけ少なく、外灯やネオンなどの光が届く、又は、駅など中心部の騒音が聞こえる範囲内で、声をかけます。

バランスを決める必要があります。ターゲットの周辺に誰もいなく、進行方向からもだれも来ないけれど、暗めの路地に入ってしまった(現在22:00) 

この状況で声をかけてもは、成功の確率は下がりますよね。その路地に入る手前で、多少人が近くにいても、声をかけるべきだったと後で思いますよね。そこが、あの時の、ベストなタイミングだった。と言っても後の祭りですよね。

ですから、ある程度、経験を積んで、そういったベストのタイミングを決めれるようにしなければなりません。これは、何も考えずにやっていては、そういったタイミングは掴めません。常に、ターゲットの女性の行く先を予想しながら、状況を予測しながらやりましょう。タイミングに注意してやってみましょう。

だましのTMG
正攻法とでも言いましょうか。正面から連絡先を聞き出すのが、王道だとすれば、邪道なTMG(Tel Mail Get)も存在します。

例えば、ベンチなどに座ってる女性に近づき、こう切り出します。「すいません~。母親が倒れて、このあたりの病院だと聞いたのですが、○○病院って知っていますか?」とありもしない病院を聞きます。

当然、「△△病院なら聞いた事ありますけど?」などとにかく、○○病院なんて知らないという答えが返ってきます。

そこで、○○病院に電話をかけたいので、携帯を貸して下さいと切り出します。そこで、初めに自分の携帯にかけます。(自分のは、マナーモードにしておいて、ワンコールで切ります。
自分の携帯がマナーモードであれば、ポケットなどに入れていても感覚ですぐわかりますよね)

そして、その次に、その場所の隣町くらいの小さい病院などの電話をかけます。で、自分の母親が運ばれたと聞いたんですが、○○ですけど、そちらにいますか?などと演技をし、「わかりました!」などと大きな声で返事をし電話を切ります。 (この間、女性は、傍にいるでしょうから聞いてます。)

よくわからなかったんですけど、とりあえず病院にいってみます!などと言い、お礼を言ってその場を去ります。これで、番号のGET一丁あがりです。自宅の電話がナンバーディスプレイ対応なら、女性の電話を借りて、初めにかけるときは、自宅でもいいと思います。


連れ出し心理術
女性に声をかけて、連れ出すそうとする際は、まず時間帯なのですが、17:00~21:00(都市部 例:東京 横浜 大阪 博多など。)が一番効果的です。これは統計の結果からもそう言えます。

連れ出しで、注意する点は、反応です。立ち止まって話しを聞くレベルの女性、歩きながらだが、こちらの話しだけは聞く女性以外は、対象外としてもいいと思います。

粘りがポイントになってきます。この際に、自分の個人的な情報を大量に相手に浴びせましょう。そして、ご飯をごちそうしますよ。くらいのことは、さりげなく言っても構いません。

場所についてですが、やはりこれは、駅・駅周辺でしょう。連れ出してすぐにお店などに入れる場所が適当だと思います。ただし、車をお持ちであれば、女子大などの近くの女子学生寮などをピックアップし、帰宅組みを車で待機して、アタックしていくのもありでしょう。声をかける時は、車から降りて!これ絶対です。

そして、ギラつき・Hしたい願望が顔・体からでないように、さわやか青年を常に意識しましょう。これは非常に重要です。
  
コンビナンパ解説
達人のナンパスタイルは、基本ソロです。しかし、テンションが下がった時などは、コンビで気持ちを切り替えたりと活用しています。

やってはいけないこと!
コンビで、一人の女性に声をかける素人ナンパ師と思われる人がいます。これは、99.9% 成功しないでしょう。

コンビは、基本、駅(特にターミナル駅)などが有効と言えます。人の流れのど真ん中にたって、荒行のようにコンビで声をかける手法は達人の中でも成功を収めるオーソドックスな方法でした。


メンテナンス
メンテナンスとは、TMGをした後で、次回アポまで自分の存在を忘れられない、又は、会う気がなくならないようにするための保守サービスのことです。

基本1:TMGできた場合、その日の内、もしくは、翌日朝一番にメールします。そして、なかなかアポれない状況に陥った時。当然、新規で女性をナンパしにいくでしょうが、TMGできたのだから、やっぱり会いたいなと思いますよね。

この時、アポれないのは、相手に警戒心がある場合と時間の都合がつかない等の理由があると考えられます。ですから、頻繁にメールを打つことは、避けるべきでしょう。

*** point1 ***
3日に1度くらいが適当と言えると思います。しかし、返事がくれば、当然こちらとしては、すぐに返信しましょう。

*** point2 ***
アポりたい日の2~3日前にアポりメール又は、電話を入れましょう。しかし、電話に出ない。返事がない。もしくは、煮え切らない返事が来る。
     ↓
  そうなると、当然 point1に戻りますね。

そして、point2へと。この繰り返しが、3回続けば、捨てゴマと判断していいでしょう。(せっかく、聞き出したTM(Tel Mail)なので、諦めつかないかもしれませんが、効率からすると時間の無駄でしょう。

ただ、メールを打つくらいの時間は惜しくないと思う方は、根気よくメール・電話での攻勢をかけ続けても構いません。メンテナンスの潮時が、ここであるということを注意点として覚えておくことが、このテーマでの最大のポイントになります。


アポの極意
達人と言えども、基本的にTMGした後、メンテナンスで繋ぎとめる女の子は一定数必ずいます。(達人は、GET数が定期的にあるので、番号は聞けたけれど、時間が取れないので会えない)

ですから、達人といえどもメンテナンス中などに連絡が途絶えてしまう女の子は一定数付きまとうものです。どんな達人でも必ずありと言えるでしょう。

まづ時間が取れなくて、アポが取れないというのは、仕方がありません。しかし、番号ゲット(mailゲット)したにもかかわらず、攻めきれずにアポに繋げれない場合は、相手がなぜ自分に連絡先を教えたのか?ここを探り当て、その路線で攻める必要があります。

例えば、ナンパと言えども、自分に対して顔や雰囲気でさわやかな印象を持つ女性もいます。そいった女性には、あまり早く会おうよという気持ちをメールや文面で出すのは、厳禁です。

<俺は、いつでもOkだよ~。君が時間の都合つく時でいいよ~>
と余裕を見せましょう。

相手が、自分をかっこいいと判断したのなら、クールでかっこいい奴をメンテナンス中も演技しなければなりません。相手が、自分を面白い人だと思ったのなら、テンション高めで攻め続けなければなりません。このあたりの、見極め方に細心の注意を払いましょう。

そして、相手が自分のどこを気にいったのかをTMGした後、できるだけ早く聞き出すことをお勧めします。声をかけたときにしか、顔を見てないので、どのような性格の人かわからず、非常に不安です。懇切丁寧なくらいに、電話・メールで安心を与えてあげましょう。


究極の嘘つき少年ナンパ脳
ここで、息抜きに面白い談話を紹介します。昔、学生時代に、少年が好きな子に面と向かって好きだと言えないので、みんなの前では、嫌いだと言って意地を張る光景がありました。その事で女の子からは、嫌われたと思い。少年はガックリしていました。

しかし、少年は、放課後、さっきのはウソだよと。女の子に伝え、女の子と仲直りしました。後日、その少年は、小学生にして、女の子とHをしてしまっていました。これは、少年の計画どおりでした。大勢を欺き、虎は狐と化す。

大衆心理とギャップを利用した、ナンパテクニックですね。末恐ろしい少年だと思いました。

脱 地蔵・初心者レベル
どうしても地蔵になったり、人目が気になってナンパができないという方には、ウォークマン(MP3プレーヤー)を使用する手があります。音楽を大きめの音で聴きながら、聴覚を奪って周囲の雑音を消し去ります。すると、女性などが行き交う場所で、物色をしていたとしても、ナンパをしにきてるのに、臨場感がなくなることに気づくでしょう。

そして、そのまま歩いていれば、周りとは、別世界です。そして、声をかえる時だけ、イヤホンを外します。自分の世界を保ったまま長時間ナンパを孤独に続ける手法です。

イヤホンが首や襟元にからまって、声をかける時にイヤホンのケーブルが邪魔になるという方は、ワイヤレスタイプ(あまりそういった商品多くはありません)もしくは、ヘッドホンにHDD内臓型のMP3プレーヤー(商品名:ButterFly MP3 Player)が良いかもしれません。これなら、声をかける時に、ヘッドフォンを外すだけです。
ターゲット発見 → 様子見(尾行) → ヘッドフォン外す → 声かけ
と、スムーズな行動ができます。又、帽子や薄めの色のグラサンを携帯するのも手ですよね。

以上が、ナンパテクニックノウハウ全編集になります。達人たちのナンパテクニックを目にし、私が実践し、非常に効果的な手法だと自負しております。





このページの先頭へ