共通の話題がなくても盛り上がる方法



どう頑張っても共通の話題がない・・・と嘆く人もいます。でも、そんな人の女性とのやりとりを見てると、たいてい突っ込みどころが満載だったりする(笑)

共通の話題というと、本当に自分もよく知ってて、相手もよく知ってる事じゃないといけないなんて勘違いをしてる人が多いんです。

でも、そうじゃない。あくまでも共通の話題として、据えてしまえば良いだけで、実際はあなたの知らないことでも全く問題はありません。話題は何でも良いんです。できれば彼女が詳しいことの方が良いでしょう。何でもいいので、二人で共有できる話題を持つことが大切なんです。

だから、仮に自分が良く知らなくて彼女がよく知っていることだとしたら、あなたはその話題に合せるべきです。例えば、このアーティストが好きなのって言われて、よく知らない時なんかは空想上の友達を出します。「あー、なんかオレの友達もそれ良いって言ってた」とか。

実際はそんな友達がいなくても OK。大切なのは、彼女の話題に乗ってあげることです。自分で分からなければ、こんなふうに詳しい友達を勝手に用意してしまいます。そうすれば「友達に言われて気になってたんだよね。ちょっと教えてくれる?」というスタンスで話ができます。ほらもう、共通の話題が成立しましたよね。

何で、そんな嘘ついてまで友達を登場させるのかというと、上っ面で喋るのは NG だからです。よく知らないのに、知ってるフリをして合わせようとすると、女の子にすぐバレます。その瞬間、嘘つきで信頼を失います。「知らないくせに・・・」って。

だから、知らないのは正直に知らないと言った方が良い。でも、それだと会話にならないから、友達に言われて興味があって・・・なんて話にしてしまおう。

ちょっと想像してみて下さい。例えば、「私アバターすごく感動したの」って彼女に言われたときに、あなたがアバターをよく知らなかったとします。(あまりいないと思いますが・・・)

でも、彼女の話についていこうと、CM でちょっと見かけた程度の知識で対応しようとすると 「あ、あの、青い男の人が出てくるやつでしょ」なんて上っ面の返事しかできません。そんなことをすると、逆に好きなものをバカにされたような気分になってしまいます。

あなたもそんな経験はありませんか?

すっごく自分の好きなものの話をして、相手も「知ってる知ってる!」なんて乗ってくるからちょっとマニアックな話まで持ち出したら、実際は全く知らなかったみたいな。急に、そいつが薄っぺらくて、適当なヤツみ見えたりしませんか?

だから、女性に話題を振ってその女性の得意分野で会話をしようとしてもムリ!それよりは知らないから教えて、というスタンスの方が絶対にうまく行くと思います。

上っ面の、薄っぺらい情報しか持ってないときは話に乗らないこと!その時は友達を出せ! それで、後で嘘ってバレるのも困るので 「あ、そういえば友達も言ってた。誰が言ってたっけな」くらいにしておこう。具体的に「○○君が言ってたよ」なんて自分で墓穴を掘らないようにして下さいね(笑)






このページの先頭へ