あなたがモテる男になるためにやるべきたった2つのこと




モテる、というのは男の永遠の憧れで、男のロマンだと思います。誰しも一度は、複数の女の子に追いかけられたり、大好きな女の子が自分に夢中にならないかな・・・と妄想をしたことがあるんじゃないかな(笑)

アイドルみたいにキャーキャー言われるのは難しいと思うんだけど、良いなと思った女の子を夢中にさせるくらいは、努力で出来ると思う。それをあなたにもぜひ分かって欲しいと思いました。もう「どうせおまえだから言えるんだよ」という発想は捨てて頂けましたか?

正直、僕も好きな女の子を落とせなくて落ち込むこととか、悩むこともある。でもそんな時には「まだ頑張ってる途中だ!」と切り替えるようにしてる。それから、どうしても伝えたいことがあります。

どんな女の子でも片っ端から声をかけてみて下さい。「出会いが無い」なんていうのは、単なる言い訳に過ぎない。よく考えてみて下さいね。世の中、半分は女性なんです。

その半分の女性を切り捨てちゃったら、人生が残りの半分のヤローばかりに囲まれたものになっちゃう。そんなのは色気もないし、つまらないと思うんです。

それに、あなたの周りにたくさんいる男性でも、自分に合うヤツ、合わないヤツいると思うんです。女の子も同じ。あなたに合う子、合わない子がいます。でも、最初からその判断をしちゃうと出会える女性の数はグっと少なくなっちゃいます。

それなら、まずは身近にいる女性でも、ちょっと苦手だなと思う女性でも良いんです。とにかく女性と接する時間を多くしていこう。

苦手な女の子と話をしながら、「なんでオレ、この人苦手なのかな・・・」って分析しても良いと思うんです。最初は、合う女の子も合わない女の子もよく分かりませんよね。意外と自分が眼中になかった女の子でも、話してみたら良い子だなって思えたりするし。

最初から線を引くんじゃなくて、とにかく会話してみる。すべてはここからがスタートです。色んな女の子と接していくうちに、「このタイプはこの話がタブーだな・・・」とか「このタイプの女の子はこんな話をすると印象が良いな」とか、色んな事が見えてきます。

でも、動かなきゃ、何も見えないし、何も変わらない。

あなたの生活の中に女の子がちょっとずつ入っていく。それだけで、生活の張りが変わってくるし、朝起きた時の気分が違う。仕事が終わってメールしてみようって思うだけでも、その日1日の仕事に気合が入るよね。

だって、「あ、今日はあの子に連絡してみよう」って思えるだけで、何だか違うと思いませんか?

今のあなたがクリアしなくちゃいけない課題は、
・動くこと
・とにかく女の子と接する時間を多くすること

たったこの2つです。 まずはそこからスタートして女の子5人とメル友になる、というゴールを目指して下さい。 それだけで絶対に、生活が変わって、あなたの人生が変わる。 僕は、そう断言できます。

で、このサイトに書いてきたミッションを、ポジティブに受け止めて実行してほしい。やっぱり、やらされてるとか、嫌々やるっていうスタンスだと絶対にうまくいかない。

少しずつモテ男に近づく自分を楽しんでやってみて下さい。それが仮に、本来の自分とは違う、なんて思ったとしても、そんな気持ちは捨てちまいましょう。 だって、まずは『モテる』っていう目標があるわけだから、そこに辿り着くには自分がどうのこうの言ってる場合じゃないと思うんだよね。

むしろ、頭の中で自分を自分でプロデュースしてください。実は元ホストっていうのは、結構マイナスのイメージだったりするんだ。だいたい、遊んでるとか、軽いとか、女の子と会話する分には良いけど、本気の対象になれない。

でも最初がマイナスだから、その分、上がり幅が大きいじゃないですか。意外と真面目なところを見せたり、フランクなところを見せたり。普通の男性なら、『異性』という点で最初から女性にとってはワクワクする対象になれるんだけど僕の場合は、最初から女性にとっては『女の敵』みたいな状態(笑)

だからこそ、その牙城を崩して本気で惚れさせるために、色んな事を学んできた。それを全て明かしたんだから、最初はプラマイゼロの印象で女の子に会えるあなたなら、きっとモテモテになれるはず。

初対面の女の子や、異性として意識してなかった女の子にとって、あなたは真っ白の状態だってことを忘れないで欲しい。そこから、あなたという印象をどんなふうに女の子に色を付けていくのかは、あなた次第。まだスタートの状態なんだから、自信なんて失う必要は全くない。

今は、「これからどういう印象にしようかな」ってワクワクしなくちゃいけない時期なんだ。不安になることなんて一つもないんだから、堂々と、女の子に話しかけていこう!きっと数ヵ月後には、あなたの生活が女の子でいっぱいになっているはずです。





このページの先頭へ